2016年07月27日

書物には次々と記載されて


真理の生活では、姉としての自覚や知恵他に何かが生まれていた。
どんな人に対しても、優しさや思いやりを笑嬰兒濕疹顔で表現していたようだが、相手の心理が見えるような笑顔にも見える。
しかし、静かな眼差しで優しさや思いやりの温かさに癒されるが、別の能力もあるようだったが表情に出す事も表現する事も出来なかった。
何よりも、人の心を癒す真理の微笑には、誰もが、微笑を返し、挨拶を交わしていた。
叔父夫婦は、悩みや不安と苦しみというものとは、無縁のように思えていた。
真理には、何か人を引きつけるものが感じられた。

小学2年生になった真理には、多く能恩の友達ができた、常に真理の周囲には女子生徒達がいた。
多くの互いに助け合える友達が出来ると、努力を惜しまない、勤勉さも備わったようだ。
真理は、色々な花や観葉植物を好み、毎日のように、植物図鑑を開いて見ていた。
図鑑の中で、真理が最も興味を示していたのは主に「HERBS図鑑」であった。
その図鑑には、ハーブの花や葉の形、育て方、薬効、歴史などが記載されていた。
その中で、特に興味を持ったのは、数百数千年前からの歴史であった。
ハーブの歴史は、時代ごとに常に受け告げられ、様々な書物や図鑑に残されている。
常に新しいハーブがあれば、その書物には次々と記載されていた。

真理にとって幾つもある、HERBSの書物は、次々と叔父夫婦は新しい書物や図鑑を購入していく。
真理に大切なもの欠かせないものは、真理を思う叔父夫婦にも欠かせないものになる。

叔母は、ハーブの苗を手に入れ、真理に与えると、笑顔で受けとり、庭の数箇所に植えた。
毎日のように、水やりをする真水解蛋白
理の姿は、まるで、自分の子供を育てるように、声をかけていた。
そんな真理に、叔父夫婦は、真理へあふれんばかりの愛情を注いだ。
内科医の叔父の診療所には、笑顔の真理の笑顔が、不可欠になっていく。
いつまでも笑顔を絶やさないようにと、診療所には他の子供達も預かる保育場所を新たに設けた。
他には、遊び場として庭の改築もおこなった。
  


Posted by jadelung at 11:47Comments(0)