2016年07月27日

書物には次々と記載されて


真理の生活では、姉としての自覚や知恵他に何かが生まれていた。
どんな人に対しても、優しさや思いやりを笑嬰兒濕疹顔で表現していたようだが、相手の心理が見えるような笑顔にも見える。
しかし、静かな眼差しで優しさや思いやりの温かさに癒されるが、別の能力もあるようだったが表情に出す事も表現する事も出来なかった。
何よりも、人の心を癒す真理の微笑には、誰もが、微笑を返し、挨拶を交わしていた。
叔父夫婦は、悩みや不安と苦しみというものとは、無縁のように思えていた。
真理には、何か人を引きつけるものが感じられた。

小学2年生になった真理には、多く能恩の友達ができた、常に真理の周囲には女子生徒達がいた。
多くの互いに助け合える友達が出来ると、努力を惜しまない、勤勉さも備わったようだ。
真理は、色々な花や観葉植物を好み、毎日のように、植物図鑑を開いて見ていた。
図鑑の中で、真理が最も興味を示していたのは主に「HERBS図鑑」であった。
その図鑑には、ハーブの花や葉の形、育て方、薬効、歴史などが記載されていた。
その中で、特に興味を持ったのは、数百数千年前からの歴史であった。
ハーブの歴史は、時代ごとに常に受け告げられ、様々な書物や図鑑に残されている。
常に新しいハーブがあれば、その書物には次々と記載されていた。

真理にとって幾つもある、HERBSの書物は、次々と叔父夫婦は新しい書物や図鑑を購入していく。
真理に大切なもの欠かせないものは、真理を思う叔父夫婦にも欠かせないものになる。

叔母は、ハーブの苗を手に入れ、真理に与えると、笑顔で受けとり、庭の数箇所に植えた。
毎日のように、水やりをする真水解蛋白
理の姿は、まるで、自分の子供を育てるように、声をかけていた。
そんな真理に、叔父夫婦は、真理へあふれんばかりの愛情を注いだ。
内科医の叔父の診療所には、笑顔の真理の笑顔が、不可欠になっていく。
いつまでも笑顔を絶やさないようにと、診療所には他の子供達も預かる保育場所を新たに設けた。
他には、遊び場として庭の改築もおこなった。
  


Posted by jadelung at 11:47Comments(0)

2016年07月25日

自由に海原を飛び回

施設で美咲の為だけに与えられた部屋に入り、まるで隔離室に自らを閉じ込めたようでもあり、精神科医の叔父が週に1回精神療法で約15分程に時間を叔父と美咲は過ごした。
徐々に精神療法によって、神父や修道院施設の職楊海成員との距離は近づいていくように見えたが、挨拶だけの距離でしかなかった。
真理は内科医の叔父夫婦に預けられ、愛情に恵まれた生活を送っていたが、時には気分がすぐれないような様子を見せていた。
しかし気分がすぐれないのではなく、美咲との交信によって、真理は集中して美咲が描く絵を見ているのだろう。
それに気付いたのは、神父ではなく精神科医楊海成の叔父で確認後、しばらくして神父にはあとで伝えられていた。
当初の神父は半信半疑だった光景が、精神科医から伝えられた神父は心に見えた光景が間違ってはいないと思った。

神父が心の中で見えた光景とは、真理は水平線の見える海、美咲は森の中にある湖、そして海と湖は見えない地下深くの水脈で繋がっていて、真理は自由に海原を飛び回り、美咲は静かな森の中で何かを待っているという現実である。
この光景は精霊からの伝心であり、神父の心の中では精霊の言霊であると信じるようになる。
真理と美咲は、教会での行動から、神父の提案によって、全く別々の人生を送る事になった。
神父が心の中での光景を信じる事になると、その後唯一、姉妹として会えるのは6月29日の誕生日だけである。

神父は、心の中で囁く言霊の指示に従い、内科楊海成医と精神科医の叔父夫婦に話し了解を得た。
この頃、叔父夫婦は、神父が話す事を信じるようにしていた。
内科医の叔父夫婦の自宅に神父は美咲を連れて行き、叔父夫婦を含め5人での誕生日のお祝いだった。
自宅から離れようとしなかった美咲は施設の部屋の中に閉じこもっていたが、美咲自身への唯一の信頼できると思い感じ、神父のいう言葉を聞くようになっていた。

美咲は、何も言わず黙ってスケッチブックを与えてくれる神父を信頼をするようになったのだろう。
施設での美咲は、毎日のようにスケッチブックを大切にして、絵を心の中で描いていた。
しかし、神父との信頼関係はあったが、全く表情が変わる事はなかった。
  


Posted by jadelung at 11:56Comments(0)

2016年07月19日

葉月の田舎へいけば


企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。
「笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜染髮、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。
この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。
春奈は、自らの恋と聖志の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。
だからこそ、自由にしてくれていた。

「同棲相手に会わせるように」粤海酒店为您提供香港傳統手工藝及购物指南,介绍经典观光购物景点,包括海运码头及海港城、星光大道、香港文化中心、香港太空馆、香港太空馆、ISQUARE国际广场。

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖志を会わせる事をしなかった。
春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。
今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。

聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。
春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。
聖志は、退職を決意し上司に話を楊海成
した。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。
今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。
二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていた営業部の社員が引き継いだ。
東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。
その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。
東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。
給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。
のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。
田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。
偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。
葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。
何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、ストレスは特に感じない。
もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。
周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。
長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。  


Posted by jadelung at 10:39Comments(0)

2016年07月18日

何故だか、笑っち


特に、〈砂の城〉に出て来た人達と再び会うという選択は絶対に無いと思っていたし、私には有り得ない事でした。でもね、加藤さんだけは例外だったな。スマホでメールのやりとりが少しずつ始まって、「会おうよ!」となったんです。お互いにドキドキでした。(笑)お互いに主婦だし、彼女は三児の母でもあるので、夕方までの数時間程度のお茶だけですが、それでさえもすごく緊張しちゃって…苦笑だって、20年ぶりってすごくないですか?!お互いに判るかな? とか、会話は弾むのか? とかまで考えてしまいました。だけど不思議なもので、会った瞬間に時間が巻き戻るんですね。どれだけ歳を重ねても、容姿が変わっても、お互いにすぐに判りました。



感動を通り越して、顔を合わせたら笑っPretty renew 呃人てしまいました。どうしてだろう? 何故だか、笑っちゃうんですよね。元気だったー?」って言い合いながら、二人で笑顔でした。現在の生活については勿論、昔話に花が咲きました。旦那さんのこと、出会いや馴れ初め。子供のこと。私が去った後の、会社のこととかね。唯一の失敗は、当日写真を持っていかなかった事。残念。飲み会等で撮った写真がたくさんあったのに、持っていかなかったんです。次回は忘れずに持っていかなくちゃ!ひとつ、ちょっとだけ驚いたこと。加藤さんは、白根さんとも年賀状のやりとりをしているんだって元気そうとのことなので、何よりです。

そのうち、3人とかで会えたら楽しいのかな? とかも思っています。時間弱の時間だったけど、本当にあっという間で、物足りないくらい。こういう気持ちになるんだな~。長い時間が、一瞬で縮まる、とても不思議で初めての感覚。会えて、本当に嬉しかった。幸せな時間を過ごすことが出来ましたはな現在、恥を忍んで(?)、処女作を掲載していますけど…当時とは書きたい物(内容)が、明らかに違っているのかなーという感じ。
過去作を読みながらの修正だから、なおさらのモヤモヤ?誰にも見せず、書いて満足していた――というのは、(この物語の中身って)自分の理想を映していたんじゃ…?』と、最近気付きました。

もうそんな年齢でもないんだけどね。純愛とか、純粋な気持ちとか、一途な想いって好きだし、大切にしたいよねって思うけど。私自身、結構な経験をしてきたつもりでいるので、そういうものが根底にあるのかも。
意固地なこだわりとでもいうのかな。でも、ふと…反動なのか、そういうのを全てブッ壊したくなる時があります。壊す前って、色々考えませんか?私は、一旦止まって考える派です。ブッ壊しかけた過去があるし、ブレーキが効いて良かったとも思うしでも、破壊していたら、どんな現在を送っていたのかなーとも思う。無理にでも止まらなかったら、ブルドーザーで正面から突っ込むか、重機のアームを振り回すか、火炎放射器で周囲を破壊しまくると思うので。というのは、イメージですけどね。(笑)  


Posted by jadelung at 10:40Comments(0)

2016年07月14日

周囲との関わりによって


企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。春奈は、自らの恋と聖志Dream beauty pro 好唔好の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。だからこそ、自由にしてくれていた。同棲相手に会わせるように」

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖志を会わせる事をしなかった。春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。
聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。聖志は、退職を決意し上司に話をした。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていたNeo skin lab 退款

業部の社員が引き継いだ。東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、ストレスは特に感じない。もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。東京にいた時は、眠れない事もあった聖志だが、人生として考えれば、人生の眠りについていたのかもしれない

と思う聖志。葉月と子供と一緒にいられると、眠れない日はない。もう二度と、死を求める事はないだろう。

月日が経ち、光起は営業部の笹本紀香と交際が始まった。紀香には、彼女だけの不思議なものを光起は感じていた。紀香「ねえデザイナーって楽しい?」と、光起に聞いてきた。光起「楽しいわけじゃないよ、ただ無いものを作り上げていく事が面白い」と、高校生時代からの事を紀香に話す。普通に話す光起が気になるのは綾香の事だった。

紀香は光起のそんな気持ちを知りながら声を掛けて行く。紀香「そうなんだ、そんな前からね、才能なのかな?」紀香はデザイナー希望で会社に入ったと言っていた。しかし、会社は営業部に配属したというのだ。紀香は会社の事を良く知っていた。そして、綾香との事は良い思い出とする事が出来た。、もう一人の命を授かう事になった。  


Posted by jadelung at 12:12Comments(0)

2016年07月13日

能力は各国の選ばれた人


晴れた日には、いつも空を見上げる、夫婦の姿がある。
その空は、真っ青に、真っ白に、涙のように降る雨、時Pretty renew美容には、怒りのような稲妻、夜になると月の輝き、数え切れない星々、季節ごとに幾つかの星を結びつけ星座を創りだす。
宇宙から見れば、地球という星は、水源を持ち、青く輝く小さな星である。
この小さな星には、人類が作り出す、世界がある。
その世界の中には、数百億年で進化を遂げた人類と小さな生き物達が生息する。
しかし、世界には、人類や生物だけではなく、他の次元も存在し、目に見えない存在もある。
人類は「神」を崇め祈りをささげる。
神の存在があるとすればPretty renew美容、その神によって創られた、天国の光りの輝き、地獄の炎の輝きを創り出している。
世界に生きる人類の殆んどが、目に見えるものに左右されて生かされている、それが現実でなのです。

古来の話では、信じるものを「神」と崇め、天使と悪魔の存在をを知っていた。
ゆえに「エクソシスト」「シャーマン」もこの世に存在していたが、時代が過ぎると共に忘れさられた。
人類が光りの世界に残り「エクソシスト」「シャーマン」の存在は影となり、別な次元の世界「時間の空間」や「人類の心」に存在する事になった。
しかし、神の存在を信じるものも、この世に少なくとも、存在している。
徐々に、光りの世界の動きは変わっていくと共に、闇の世界も変わっていく。
犯罪や自殺するものが多くなりつつある、この世界に、闇の支配が拡がりつつあった。
神は、天国と地獄のどちらでもなく中立の立場であり、天使と悪魔を創りあげ、天国と地獄の仲介役を人類の中に創りあげたのです。
これから生まれてくる命に「ある能力」を与え、その能力が目覚める為に残酷な試練を与える事になる。

神は、その能力は各国の選ばれた人Pretty renew 美容
類の心の中に、まき散らしていました。

しかし「神」は完璧なものではなく不老不死ではない、人間と同じように時には「死」を、時には「ミス」を起こしてしまう事もある。
時代の流れの中に神の存在はあるが、時には人類の進化は飛躍に遂げ、神の伝令が届く事が出来る時と出来ない時もある。
そして、神の元の天使でさえ、神と協力するのが当たり前なのに、まれに神を裏切る天使が出てくる事もある。
人類もまた、天使のように、悪魔のようになる時がある。

過去の残酷な試練を、何十年何百年何千年何億年もかかり、苦しみながら乗り越える双子の姉妹の姿が見えてくる。
何ヘクタールあるのだろうか、緑に生い茂る農園と、色鮮やかに生い茂る花畑がある。
ここは「佐々木直継」と「妻、高子」の夫婦で経営する農園である。
農園の隅には、きれいに花を咲かせる花畑がある。
野菜農園の仕事の傍ら、高子は花畑をつくり花の出荷をしていた。
神は、この夫婦に、残酷な試練を与え始めていた。
自然と共に暮らす二人の生活は平凡だが、二人の子を授かり、幸せな生活をしていた。
そんな時、神は考えもつかない残酷な運命を、この家族へ与えたのだ。
直継と高子の間に一卵双生児の子「姉の真理」と「妹の美咲」が生まれた。
産まれた双子達は、そっくりな容姿であった、しかし1つだけ違いがあった。
この時は、まだその違いを知る事はなかった。  


Posted by jadelung at 20:24Comments(0)

2016年07月12日

可愛く見えるようにな


差し出されたメモを受け取って、自分の予定と照らし合わせる。

「明日と来週の木曜なら出来そうだな。けどPretty renew 雅蘭、明日じゃ急すぎっか。木曜だけにするか?」

「ううん、明日も平気だよ?西門さんが大丈夫なら。」

「そっか?じゃあ、明日迎えに来るよ。」

思った通りの言葉が返って来た事に満足しPretty renew旺角ながら、俺も言葉を返していた。

「で?最近はどうなんだ?落ち着いたか?」

「えっ、あっ。相変わらず…かな?けど、大丈夫だよ。」

「そうか?ならいいけど。
あっ、牧野、わりぃ。タイムリミット。まだ仕事が残ってんだ。行くな。あんま無理すんなよ。」

手を伸ばし頭をクシャっと一撫ですると、牧野は恥ずかしそうに俺を見上げ笑顔を向ける。

くーっ。
いつからこんなに可愛く見えるようになっちまったんだ?

「うん、ありがと。お仕事頑張ってね。」

「ああ、じゃあな。」

牧野の少しガッカリした顔に後ろ髪を引かれつつラウンジを後にした。

あきらと類には会えなかったものの、Pretty renew旺角
牧野の様子を見れた事に安心した。
何よりあいつの寝言に俄然やる気が湧いてくる。
車に戻り、あきらと類にメールを送信した。


今日の会食には信用できる人物はいねぇから頼み事は出来ねぇ。かと言って、手を抜く事なく周りの奴等をじっくり観察しながら会食を済ませた。

今からでも俺が真面目に次期家元を務めていけば、俺につく人間だっているはずだ。

俺が真面目にやっている事、そこには牧野の存在が関わっている事を見てもらうチャンスの場でもある。
昔の素行の悪さは当然知れ渡ってっからそう簡単にいかねぇ事も分かってる。けど今は地道にやってくしかねぇ。

大きなため息をつきながら携帯に手を伸ばす。
数件入っているメールの中から、確認すべきメールを探しだし返信した。

ここも難関っちゃ難関だよな。

そんなことを考えながら車に戻り、目的の場所へと走らせた。  


Posted by jadelung at 12:18Comments(0)

2016年07月05日

三月にはゲタさ

アマゾンで「家族」が販売されるようになりました。春先に友人が亡くなったことはブログに書きましたが、
あれから三ヶ月が過ぎ私も少し気持ちが変わってきたように思います。この小説は今の私の視点で書いてみました。亡くなった友人は私に「みどりちゃん、何でも書いたらあかんわ邊個補數學好」と言っていましたが、私は書くことで初めて前に進めるような気がします。

 
最近は目の調子がよくなくて、一日のうち、ちゃんと見える時間が減っており見えるうちに書いておかなければと焦燥感に突き動かされています。私から書くことを取れば何も残らないような気がします。目が見えない時、或いは目の前が暗くなっている時、私は頭の中の原稿用紙に書いています。でも容量が超えてしまうと忘れてしまう気がして、見えるようになると一気に書く、といった状態です。この作品もその作品の中の一つ補習導師です。
どうぞよろしくお願いします。 


たしか三月にはゲタさんが、その前には一番若かったパクさんが。訃報を聞くたびに、私たちの青春が消えて行くような寂しさと悲しさで私は涙ぐみました。私たち世代にとってダークダックスはまさに青春そのものでした。ロシア民謡を初め、すべて素晴らしい歌声は、何に例えようもなくじんと胸の底の底まで浸みこんで聴く人の心を美しく優しく豊かな気持ちにしてくれました。

今は一人になったゾウさんの低音は、その穏やかな笑顔と相まって懐かしい安らぎの場所へ私たちを連れていってくれました。私も昔はみんなでよくロシア民謡を歌いました。若かりし日の夫も二人で歩いている夜など高く澄んだきれいな声でダークダックスの歌を聞かせてくれました。夫が田端義夫の大ファンで、演歌大好き人間だったことを私は結婚するまで

知りませんでした。彼の演歌もなかなか上手いものでしたが、私はダークダックスを歌う彼の方が今でも好きです。みんな逝ってしまって「昭和は遠くなりにけり」を実感しているこの頃ですが足早に歩きながら私は少し自分が嫌になっていた。こんなつまらないことを気にする私ではなかったのに。私彼のこと本当に好きになってしまったのかなあ。彼は書店の入り口で待っていた。糊のきいた白いワイシャツがまぶしかった。ごめんなさい、お待たせ中一數學練習して。」
        


Posted by jadelung at 10:33Comments(0)