2016年07月12日

可愛く見えるようにな


差し出されたメモを受け取って、自分の予定と照らし合わせる。

「明日と来週の木曜なら出来そうだな。けどPretty renew 雅蘭、明日じゃ急すぎっか。木曜だけにするか?」

「ううん、明日も平気だよ?西門さんが大丈夫なら。」

「そっか?じゃあ、明日迎えに来るよ。」

思った通りの言葉が返って来た事に満足しPretty renew旺角ながら、俺も言葉を返していた。

「で?最近はどうなんだ?落ち着いたか?」

「えっ、あっ。相変わらず…かな?けど、大丈夫だよ。」

「そうか?ならいいけど。
あっ、牧野、わりぃ。タイムリミット。まだ仕事が残ってんだ。行くな。あんま無理すんなよ。」

手を伸ばし頭をクシャっと一撫ですると、牧野は恥ずかしそうに俺を見上げ笑顔を向ける。

くーっ。
いつからこんなに可愛く見えるようになっちまったんだ?

「うん、ありがと。お仕事頑張ってね。」

「ああ、じゃあな。」

牧野の少しガッカリした顔に後ろ髪を引かれつつラウンジを後にした。

あきらと類には会えなかったものの、Pretty renew旺角
牧野の様子を見れた事に安心した。
何よりあいつの寝言に俄然やる気が湧いてくる。
車に戻り、あきらと類にメールを送信した。


今日の会食には信用できる人物はいねぇから頼み事は出来ねぇ。かと言って、手を抜く事なく周りの奴等をじっくり観察しながら会食を済ませた。

今からでも俺が真面目に次期家元を務めていけば、俺につく人間だっているはずだ。

俺が真面目にやっている事、そこには牧野の存在が関わっている事を見てもらうチャンスの場でもある。
昔の素行の悪さは当然知れ渡ってっからそう簡単にいかねぇ事も分かってる。けど今は地道にやってくしかねぇ。

大きなため息をつきながら携帯に手を伸ばす。
数件入っているメールの中から、確認すべきメールを探しだし返信した。

ここも難関っちゃ難関だよな。

そんなことを考えながら車に戻り、目的の場所へと走らせた。


Posted by jadelung at 12:18 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。