2016年07月14日

周囲との関わりによって


企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。春奈は、自らの恋と聖志Dream beauty pro 好唔好の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。だからこそ、自由にしてくれていた。同棲相手に会わせるように」

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖股 癬志を会わせる事をしなかった。春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。
聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。聖志は、退職を決意し上司に話をした。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていたNeo skin lab 退款

業部の社員が引き継いだ。東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、ストレスは特に感じない。もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。東京にいた時は、眠れない事もあった聖志だが、人生として考えれば、人生の眠りについていたのかもしれない

と思う聖志。葉月と子供と一緒にいられると、眠れない日はない。もう二度と、死を求める事はないだろう。

月日が経ち、光起は営業部の笹本紀香と交際が始まった。紀香には、彼女だけの不思議なものを光起は感じていた。紀香「ねえデザイナーって楽しい?」と、光起に聞いてきた。光起「楽しいわけじゃないよ、ただ無いものを作り上げていく事が面白い」と、高校生時代からの事を紀香に話す。普通に話す光起が気になるのは綾香の事だった。

紀香は光起のそんな気持ちを知りながら声を掛けて行く。紀香「そうなんだ、そんな前からね、才能なのかな?」紀香はデザイナー希望で会社に入ったと言っていた。しかし、会社は営業部に配属したというのだ。紀香は会社の事を良く知っていた。そして、綾香との事は良い思い出とする事が出来た。、もう一人の命を授かう事になった。


Posted by jadelung at 12:12 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。