日本の名物麺「うどん」をおいしく食べるための作り方

日本の名物麺「うどん」をおいしく食べるための作り方

伝統的なスタイルの生麺やスパゲッティ・ボロネーゼを食べることに飽き、うどんを食べることに飽きた。 うどんに関しては、特に日本食が好きな人は簡単に錆びついてはいけません。 うどんは日本料理の中では確実に食べられるものであり、日本の国民的な麺である特別な日本の麺でもあります。 しかし、報道によると、実はうどんは中国福建省の陽西で始まったもので、陽西の十字架麺とうどんは味や加工の面で共通点が多いという。


精選商品

うどんの麺は通常の生麺よりも太く、個人的には生麺とクロスカットの米麺の中間に近い味だと感じています。 うどんで最も重要なのは、麺の命ともいえるスープの素です。 日本のご当地うどんには様々な作り方がありますので、今日はその中からいくつかを詳しくご紹介します。


きぼうのうどん


1.昆布を30分ほど水に浸した後、鍋に入れて冷水を加え、沸騰させないように弱火で温めて、昆布を取り出す。


2.シチュー鍋に冷水を入れ、昆布、キノコ類、ショウガ、小夏の助神を入れ、塩を入れて赤々と沸騰させ、弱火にして30分ほど煮る。


3.チャイの魚の切り身を加え、再び10分間煮込み、サイコロを使って大きな骨のスープを残すことを考えます。


4.再び小さな火で、木の花の魚の肉を入れ、魚のドロップの色と魚の上になるまで調理します。


5.魚の骨のスープにうどんを入れて5分ほど煮込み、醤油と塩少々を加える。


6.鍋から取り出し、ボラと昆布を入れて完成です。


和風うどん


1.シチュー鍋に万有引力の大石あじりんを入れ、適量の水を加えて中火で煎る。


2.マッシュルームを洗い、昆布を30分ほど水に浸した後、スライスにして工程1のスープに加えて煮る


3.その後、うどんを入れる


4.鍋から取り出し、青ネギを散らして出来上がり


シーフードカレーソースのうどん


1.うどんを水に入れて茹で、食用オリーブオイルを少量加えて混ぜる。


2.オマール海老をきれいにして取り出す。


3.玉ねぎ、にんじん、マッシュルームを切る


4.鍋にオリーブオイル、チリソース、カレーペーストを入れ、強火で沸騰させます。


5.エビ、マッシュルーム、ニンジン、ソーセージ、果物、野菜を加えて、沸騰させる。


6.うどんを入れて、器に盛る。


関連記事です


日本にはとんこつラーメンの他に、このような種類のラーメンがあります。 この美味しさ、見逃すわけにはいきませんよね。


濃厚なのは日本の麺類で、いつもの濃厚なまろやかさではなく、病みつきになる味です。


日本食を食べに行くには不便すぎる? 日本のうどんが家で食べられる!?





Posted by jadelung at 2021年04月26日18:21
Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
jadelung
オーナーへメッセージ