2016年08月05日

里親申請をする


この日から屋敷の中でも両手を動かす事が出来るようになっていたが、指の感覚はなく指を延ばしたまま。
執事やメイドも銀河の変化に驚いていた。食事の介助をする聖子、いらないものに対して拒否する銀河。そう、銀河に何かの感覚が戻りつつあっUnique Beauty 好唔好た時である。聖子が銀河に付き添い、介助を始めて一年と半年が経過した。
聖子は海都に連絡を取り、今後の銀河の人生に何かが出来る事はないかと相談を始める。


海都も銀河の変化に驚いた様子であり、海Unique Beauty 好唔好都自身も何か出来る事を考えるようになる。
海都は銀河の全てを知り尽くしている、銀河にとって芸術から離れる事は出来ないはず。
屋敷内で空いている部屋でアトリエをつくり、毎日アトリエの中へ入ることで、何かまた変化が起きるかもしれないと海都は聖子に伝えた。海都は銀河が過去に使用していた画材を揃え、アトリエの部屋を作り、イーゼルにキャンパスを立て掛け、様子を見るよう聖子と話す。


聖子は散歩に食事介助、そしてアトリエの部屋で銀河をキャンパスの前に居させた。
銀河は何時しかキャンパスに触れようと手を伸ばすようになり、指は動かないが聖子は油絵の具をキャンパス前に置くと指で絵の具を付け、キャンパスに色を付け始めた。
半年後、銀河は指だけで一枚の絵画を創作し、聖子は海都のアトリエへ行き、銀河の油絵を見せた。
「本当に銀河が描いたのか?」
ええ、本当です、時間はかかUnique Beauty 好唔好りましたが」海都の絵画は、相手に合わせビジネスをするが、銀河は自分のイメージを膨らませ自由な色彩感覚の芸術家であった。銀河の第二の人生が、聖子によって動き始めたのかもしれないと思う海都。しかし、銀河は死んでしまっているという問題がある。この問題を解決できなければ、第二の人生を歩いていく事は出来ない。

聖子は海都に「どうすれば良いか」と相談を重ねていく。
この時、聖子は銀河への思いは単なる兄と妹ではなく、異性として恋おしく愛する気持ちを銀河に抱いていたのである。海都は考えに考えた末、聖子にある提案を持ちかけた。ゴエモンだ、ゴエモンしかいない」
ゴエモンはイタリアのトリノで店を持っているが、パリにも人に任せ店を持っていた。そしてゴエモンはイタリア国籍ではなくフランス国籍、銀河は名前を変えゴエモンの養子とすればいいかもしれない。
そうする事によって銀河は芸術活動が出来るはず。

でも、どうしたら名前を変えられるの?」
モンティヴィリエの日本人孤児院に頼み、新しい孤児申請をしてもらい、里親申請をする。
但し、銀河は表の人生を歩く事は出来ない、ずっと静かなアルトーヴィルの屋敷で生きて行くしかない。
「施設とゴエモンに頼んでみるよ、君は銀河の別の名前を考えてくれ」
聖子は名付け親になる事が嫌な気もしたが、愛する銀河の為、今の銀河が描けるもののイメージから名前を考えた。

銀河の別名は「輝矢(こうや)」と名付ける事にした。
銀河の描いた油絵は、太陽のように輝き、矢のように人の心に突き刺さるイメージが聖子の心の中にあり、人の心を引きつける油絵だった。海都は施設とゴエモンに頼み込み承諾を得て、ゴエモンは、銀河が生き返る事に快く賛同してくれた。輝矢は半年に一枚の油絵を描き、聖子が商人として輝矢の絵画だけでなく他の古美術品を取り扱う事になり、三年後、輝矢の絵画は顧客に恵まれ、海都の絵画の価値と同じようになる。  


Posted by jadelung at 10:46Comments(0)

2016年08月03日

心理士に話すべきか



真理と美咲が自分で気づく事によって、苦しみを弱め、苦痛を伴わずにいられる、しかしそれは真理と美咲の境遇は一緒だが、生活環境によって成長と共に起こる苦痛の強さが変わり能力の強度も変わる。
教会には、常に数人の人影が立ち寄ってくるが姿があるが神父は見えずにいた。
もしかしたらだ、その人影は人はなかったのかもしれない、次元の違う世界に住む人の影だったのかもしれない。

立ち寄ってくれる人々の中には、臨床心理士をしている人もいた。
その臨床心理士は、時々ボランティアで、施設の子供達と会話をし、心の悩みを聞いていた。
そのおかげで、施設の中で美咲以外の子供達は、いつも元気で活発に遊ぶ、そして学習をしていく。
神父は、美咲の事を臨床心理士に話すべきか考えていたが心の中に留めていた。

ある日の事だ、神父はその臨床心理士の方にお願いし、これまでの美咲の人物の印象と描いた絵を見てもらう事になる。神父の心の中にいる言霊が、天使からの伝令として神父を動かしたのかもしれない。
臨床心理士が言うには、はっきりとしないが「引きこもり」と「自閉」という言葉を使い障害について可能性が高いとの事だった。

ただ、美咲の描く絵には魅力があり、どこか不思議なものを感じるとの事であった。
明るい絵を描いているのだが、何か言葉では言い表す事のできない奥深い何かがあると言う。
そういう事は、良くある事だとも言っていた。
臨床心理士は、専門の精
神科医を知っているという事で、数枚の絵を見てもらえれば何かがわかるかもしれないと言い、気になる10枚の絵を持ち帰った。

叔父夫婦は、気になる真理の姿の事で神父のもとへ訪れ、普段の真理の生活状況の話をした。
「海(自由)と湖(孤独)水脈で繋がっている、どういう理由で繋がっているのか」
真理の生活状況の違いを聞いて、離れ離れになっている姉妹の共通点を、神父は考えはじめる。
「遅くなり申し訳ありません神父さん、医師が絵を見て分析し判断した結果を、お伝えに参りました」
神父は考えはじめると、臨床心理士が教会へ訪れた。
伝令を待っていた神父は一瞬だけイエスからの伝令?と思ったが、臨床心理士の顔を見て心を落ち着かせ、思い違いに気付く。  


Posted by jadelung at 10:24Comments(0)

2016年08月01日

置くだけの保管する部


美咲は教会が運営する施設での生活は、7才になっても相変わらず、会話もとろうとしない。
真理と同じ小学生だが、入学式後は修道院の部屋に閉じこもったままだった。
神父、修道院の修道僧、孤児施設の職<HKUE 傳銷員が、声をかけても表情は全く変わらない、眼を合わせる事もしない。
ただ声をかけると顔を見上げるだけで言葉での返事はない、微笑みや笑顔もない。
美咲の眼は、ただ一点だけに集中し下向き加減で、床を見ているだけで、すぐに部屋に閉じ込もってしまう。
部屋から出るのはトイレに行く、食堂で食事をとるだけである。

食堂では決められた時間で食事が港幣人民幣匯率出されるが、美咲の場合は食道に誰も居なくなってからであった。
そして、食道で美咲と一緒に居られるのは、美咲の心を開かせようとするセラピストだけであった。
しかし、その時間は限られ、美咲の行動に合わせる事が精一杯のセラピストである。
ただ美咲は、徐々にセラピストの顔を見て、眼を合わせる時が稀にあった。
眼を合わせる時の美咲は、以前は神父に渡していたが、カウンセラーに渡す事もあった。
美咲の絵を見たセラピストは、構図や色彩を見ながら徐々に美咲を分析する事が出来る様になる。

セラピストは、美咲の心にあるものに、魅了されながら、ある事に気づき始めていた、しかしそれは仮説の段階であり、神父には伝える事はなかった、良きタイミングを見計っていた様だ。
「神父様、過去の美咲さんの絵を見せてもらえないでしょうか」
「はい、美咲様の絵は、こちらの部屋にあります、何か感じるものがありましたか?」
「いいえ、申し訳ありません、今はまだ何もわかりません」
「そうでしたか、今後も美咲様を宜しくお願いします」
神父とセラピストの会話である。

その部屋は特に広い部屋ではなく、美咲だけの絵画を置くだけの保管する部屋である。
神父はセラピストに、過去からのyou beauty 投訴

スケッチブックを机の上に置き、その場から静かに去っていく。
セラピストは部屋の雰囲気に何かを感じたのか、周囲を見回していた。
「何故、この部屋なのだろう?」
床以外の天井や壁に花々や海や森など自然の風景に天使、イエスキリスト、聖母マリアの彫刻が施されている。
セラピストは、美咲は孤独という障害を持って生きてるのではなく、富や繁栄の愛情に恵まれた人生を送っているのではないかと思い感じていた。  


Posted by jadelung at 10:51Comments(0)

2016年07月27日

書物には次々と記載されて


真理の生活では、姉としての自覚や知恵他に何かが生まれていた。
どんな人に対しても、優しさや思いやりを笑嬰兒濕疹顔で表現していたようだが、相手の心理が見えるような笑顔にも見える。
しかし、静かな眼差しで優しさや思いやりの温かさに癒されるが、別の能力もあるようだったが表情に出す事も表現する事も出来なかった。
何よりも、人の心を癒す真理の微笑には、誰もが、微笑を返し、挨拶を交わしていた。
叔父夫婦は、悩みや不安と苦しみというものとは、無縁のように思えていた。
真理には、何か人を引きつけるものが感じられた。

小学2年生になった真理には、多く能恩の友達ができた、常に真理の周囲には女子生徒達がいた。
多くの互いに助け合える友達が出来ると、努力を惜しまない、勤勉さも備わったようだ。
真理は、色々な花や観葉植物を好み、毎日のように、植物図鑑を開いて見ていた。
図鑑の中で、真理が最も興味を示していたのは主に「HERBS図鑑」であった。
その図鑑には、ハーブの花や葉の形、育て方、薬効、歴史などが記載されていた。
その中で、特に興味を持ったのは、数百数千年前からの歴史であった。
ハーブの歴史は、時代ごとに常に受け告げられ、様々な書物や図鑑に残されている。
常に新しいハーブがあれば、その書物には次々と記載されていた。

真理にとって幾つもある、HERBSの書物は、次々と叔父夫婦は新しい書物や図鑑を購入していく。
真理に大切なもの欠かせないものは、真理を思う叔父夫婦にも欠かせないものになる。

叔母は、ハーブの苗を手に入れ、真理に与えると、笑顔で受けとり、庭の数箇所に植えた。
毎日のように、水やりをする真水解蛋白
理の姿は、まるで、自分の子供を育てるように、声をかけていた。
そんな真理に、叔父夫婦は、真理へあふれんばかりの愛情を注いだ。
内科医の叔父の診療所には、笑顔の真理の笑顔が、不可欠になっていく。
いつまでも笑顔を絶やさないようにと、診療所には他の子供達も預かる保育場所を新たに設けた。
他には、遊び場として庭の改築もおこなった。
  


Posted by jadelung at 11:47Comments(0)

2016年07月25日

自由に海原を飛び回

施設で美咲の為だけに与えられた部屋に入り、まるで隔離室に自らを閉じ込めたようでもあり、精神科医の叔父が週に1回精神療法で約15分程に時間を叔父と美咲は過ごした。
徐々に精神療法によって、神父や修道院施設の職楊海成員との距離は近づいていくように見えたが、挨拶だけの距離でしかなかった。
真理は内科医の叔父夫婦に預けられ、愛情に恵まれた生活を送っていたが、時には気分がすぐれないような様子を見せていた。
しかし気分がすぐれないのではなく、美咲との交信によって、真理は集中して美咲が描く絵を見ているのだろう。
それに気付いたのは、神父ではなく精神科医楊海成の叔父で確認後、しばらくして神父にはあとで伝えられていた。
当初の神父は半信半疑だった光景が、精神科医から伝えられた神父は心に見えた光景が間違ってはいないと思った。

神父が心の中で見えた光景とは、真理は水平線の見える海、美咲は森の中にある湖、そして海と湖は見えない地下深くの水脈で繋がっていて、真理は自由に海原を飛び回り、美咲は静かな森の中で何かを待っているという現実である。
この光景は精霊からの伝心であり、神父の心の中では精霊の言霊であると信じるようになる。
真理と美咲は、教会での行動から、神父の提案によって、全く別々の人生を送る事になった。
神父が心の中での光景を信じる事になると、その後唯一、姉妹として会えるのは6月29日の誕生日だけである。

神父は、心の中で囁く言霊の指示に従い、内科楊海成医と精神科医の叔父夫婦に話し了解を得た。
この頃、叔父夫婦は、神父が話す事を信じるようにしていた。
内科医の叔父夫婦の自宅に神父は美咲を連れて行き、叔父夫婦を含め5人での誕生日のお祝いだった。
自宅から離れようとしなかった美咲は施設の部屋の中に閉じこもっていたが、美咲自身への唯一の信頼できると思い感じ、神父のいう言葉を聞くようになっていた。

美咲は、何も言わず黙ってスケッチブックを与えてくれる神父を信頼をするようになったのだろう。
施設での美咲は、毎日のようにスケッチブックを大切にして、絵を心の中で描いていた。
しかし、神父との信頼関係はあったが、全く表情が変わる事はなかった。
  


Posted by jadelung at 11:56Comments(0)

2016年07月19日

葉月の田舎へいけば


企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。
「笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜染髮、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。
この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。
春奈は、自らの恋と聖志の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。
だからこそ、自由にしてくれていた。

「同棲相手に会わせるように」粤海酒店为您提供香港傳統手工藝及购物指南,介绍经典观光购物景点,包括海运码头及海港城、星光大道、香港文化中心、香港太空馆、香港太空馆、ISQUARE国际广场。

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖志を会わせる事をしなかった。
春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。
今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。

聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。
春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。
聖志は、退職を決意し上司に話を楊海成
した。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。
今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。
二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていた営業部の社員が引き継いだ。
東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。
その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。
東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。
給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。
のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。
田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。
偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。
葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。
何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、ストレスは特に感じない。
もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。
周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。
長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。  


Posted by jadelung at 10:39Comments(0)

2016年07月18日

何故だか、笑っち


特に、〈砂の城〉に出て来た人達と再び会うという選択は絶対に無いと思っていたし、私には有り得ない事でした。でもね、加藤さんだけは例外だったな。スマホでメールのやりとりが少しずつ始まって、「会おうよ!」となったんです。お互いにドキドキでした。(笑)お互いに主婦だし、彼女はPretty renew 傳銷三児の母でもあるので、夕方までの数時間程度のお茶だけですが、それでさえもすごく緊張しちゃって…苦笑だって、20年ぶりってすごくないですか?!お互いに判るかな? とか、会話は弾むのか? とかまで考えてしまいました。だけど不思議なもので、会った瞬間に時間が巻き戻るんですね。どれだけ歳を重ねても、容姿が変わっても、お互いにすぐに判りました。



感動を通り越して、顔を合わせたら笑っPretty renew 呃人てしまいました。どうしてだろう? 何故だか、笑っちゃうんですよね。元気だったー?」って言い合いながら、二人で笑顔でした。現在の生活については勿論、昔話に花が咲きました。旦那さんのこと、出会いや馴れ初め。子供のこと。私が去った後の、会社のこととかね。唯一の失敗は、当日写真を持っていかなかった事。残念。飲み会等で撮った写真がたくさんあったのに、持っていかなかったんです。次回は忘れずに持っていかなくちゃ!ひとつ、ちょっとだけ驚いたこと。加藤さんは、白根さんとも年賀状のやりとりをしているんだって元気そうとのことなので、何よりです。

そのうち、3人とかで会えたら楽しいのかな? とかも思っています。時間弱の時間だったけど、本当にあっという間で、物足りないくらい。こういう気持ちになるんだな~。長い時間が、一瞬で縮まる、とても不思議で初めての感覚。会えて、本当に嬉しかった。幸せな時間をPretty renew 呃人過ごすことが出来ましたはな現在、恥を忍んで(?)、処女作を掲載していますけど…当時とは書きたい物(内容)が、明らかに違っているのかなーという感じ。
過去作を読みながらの修正だから、なおさらのモヤモヤ?誰にも見せず、書いて満足していた――というのは、(この物語の中身って)自分の理想を映していたんじゃ…?』と、最近気付きました。

もうそんな年齢でもないんだけどね。純愛とか、純粋な気持ちとか、一途な想いって好きだし、大切にしたいよねって思うけど。私自身、結構な経験をしてきたつもりでいるので、そういうものが根底にあるのかも。
意固地なこだわりとでもいうのかな。でも、ふと…反動なのか、そういうのを全てブッ壊したくなる時があります。壊す前って、色々考えませんか?私は、一旦止まって考える派です。ブッ壊しかけた過去があるし、ブレーキが効いて良かったとも思うしでも、破壊していたら、どんな現在を送っていたのかなーとも思う。無理にでも止まらなかったら、ブルドーザーで正面から突っ込むか、重機のアームを振り回すか、火炎放射器で周囲を破壊しまくると思うので。というのは、イメージですけどね。(笑)  


Posted by jadelung at 10:40Comments(0)

2016年07月14日

周囲との関わりによって


企画書を読んでいくと、一番最後のページに付箋が貼られていた。笠原結衣、大原桔梗、成島奈菜、身辺整理はつきました。あとは、私が引き受けます」と書かれていた。この付箋の意味は、聖志はこれまでの事がどういう事だったのか知ることになる。春奈は、自らの恋と聖志Dream beauty pro 好唔好の自殺未遂を隠し、聖志が生きたいと思えるようになるタイミングを計っていた。だからこそ、自由にしてくれていた。同棲相手に会わせるように」

春奈の父と母は、春奈に言っいたが、聖股 癬志を会わせる事をしなかった。春奈は、聖志との交際は、このまま続けられないと思っていた。今の給料は、手取り約四十万円、葉月の田舎へいけば、半分にもならないだろう。
聖志は、給料よりも家族を選ぶ事になる。春奈であれば、接待以外は自分の後を引き継ぐ事もできる。
他の社員も、それなりに一人立ちしている。聖志は、退職を決意し上司に話をした。
田舎でも小さいながら同じ業種があると話をする聖志。

上司からは、続けられないのかと言われたが、一身上の都合で退職届を受け取ってもらえた。今まで勤めた企業から田舎の小さい企業への仕事を回せると言ってくれた上司であった。二ヵ月後、仕事も一段落つき、室長は春奈が引き継ぎ、接待は聖志と一緒に仕事をしていたNeo skin lab 退款

業部の社員が引き継いだ。東京での仕事も終わり、春奈との同棲生活にも終止符をつけ、葉月のもとへ向かう。

長い時を遠回りしたが、こんな形で巡り逢えるとは、聖志は思ってはいなかった。その後、聖志は葉月の田舎でハウス栽培を手伝いながら、同業種の会社で勤めた。東京の会社から、聖志を通して仕事が回ってくる事もあり、田舎の会社でも、聖志の存在は必要不可欠になる。給料は安いが、何よりも東京の人柄と田舎の人柄は違った。のんびりしているイメージだが、東京から仕事が入ると、のんびりはしていられない。田舎の会社も、メリハリがつき、利益も上がるようになった。

聖志と葉月のすれ違いは、もともと巡り逢う為にあったのかもしれない。偶然だとは思えない、必然的なものだったのかもしれない。葉月の両親や兄は、快く聖志を受け入れてくれた。何よりも、東京でストレスを抱えていたものが、田舎の町では、ストレスは特に感じない。もともと田舎の町に住んでいる人は、ストレスを抱えているのかもしれないが、東京に比べたら聖志にはストレスはなくのんびり生きていけるような。

この町へ来て、愛するという事を学び知った聖志。周囲との関わりによって聖志は愛する大切な家族を持つ事ができ、実感することができた。長い眠りについていたのか、それとも短い眠りだったのか。東京にいた時は、眠れない事もあった聖志だが、人生として考えれば、人生の眠りについていたのかもしれない

と思う聖志。葉月と子供と一緒にいられると、眠れない日はない。もう二度と、死を求める事はないだろう。

月日が経ち、光起は営業部の笹本紀香と交際が始まった。紀香には、彼女だけの不思議なものを光起は感じていた。紀香「ねえデザイナーって楽しい?」と、光起に聞いてきた。光起「楽しいわけじゃないよ、ただ無いものを作り上げていく事が面白い」と、高校生時代からの事を紀香に話す。普通に話す光起が気になるのは綾香の事だった。

紀香は光起のそんな気持ちを知りながら声を掛けて行く。紀香「そうなんだ、そんな前からね、才能なのかな?」紀香はデザイナー希望で会社に入ったと言っていた。しかし、会社は営業部に配属したというのだ。紀香は会社の事を良く知っていた。そして、綾香との事は良い思い出とする事が出来た。、もう一人の命を授かう事になった。  


Posted by jadelung at 12:12Comments(0)

2016年07月13日

能力は各国の選ばれた人


晴れた日には、いつも空を見上げる、夫婦の姿がある。
その空は、真っ青に、真っ白に、涙のように降る雨、時Pretty renew美容には、怒りのような稲妻、夜になると月の輝き、数え切れない星々、季節ごとに幾つかの星を結びつけ星座を創りだす。
宇宙から見れば、地球という星は、水源を持ち、青く輝く小さな星である。
この小さな星には、人類が作り出す、世界がある。
その世界の中には、数百億年で進化を遂げた人類と小さな生き物達が生息する。
しかし、世界には、人類や生物だけではなく、他の次元も存在し、目に見えない存在もある。
人類は「神」を崇め祈りをささげる。
神の存在があるとすればPretty renew美容、その神によって創られた、天国の光りの輝き、地獄の炎の輝きを創り出している。
世界に生きる人類の殆んどが、目に見えるものに左右されて生かされている、それが現実でなのです。

古来の話では、信じるものを「神」と崇め、天使と悪魔の存在をを知っていた。
ゆえに「エクソシスト」「シャーマン」もこの世に存在していたが、時代が過ぎると共に忘れさられた。
人類が光りの世界に残り「エクソシスト」「シャーマン」の存在は影となり、別な次元の世界「時間の空間」や「人類の心」に存在する事になった。
しかし、神の存在を信じるものも、この世に少なくとも、存在している。
徐々に、光りの世界の動きは変わっていくと共に、闇の世界も変わっていく。
犯罪や自殺するものが多くなりつつある、この世界に、闇の支配が拡がりつつあった。
神は、天国と地獄のどちらでもなく中立の立場であり、天使と悪魔を創りあげ、天国と地獄の仲介役を人類の中に創りあげたのです。
これから生まれてくる命に「ある能力」を与え、その能力が目覚める為に残酷な試練を与える事になる。

神は、その能力は各国の選ばれた人Pretty renew 美容
類の心の中に、まき散らしていました。

しかし「神」は完璧なものではなく不老不死ではない、人間と同じように時には「死」を、時には「ミス」を起こしてしまう事もある。
時代の流れの中に神の存在はあるが、時には人類の進化は飛躍に遂げ、神の伝令が届く事が出来る時と出来ない時もある。
そして、神の元の天使でさえ、神と協力するのが当たり前なのに、まれに神を裏切る天使が出てくる事もある。
人類もまた、天使のように、悪魔のようになる時がある。

過去の残酷な試練を、何十年何百年何千年何億年もかかり、苦しみながら乗り越える双子の姉妹の姿が見えてくる。
何ヘクタールあるのだろうか、緑に生い茂る農園と、色鮮やかに生い茂る花畑がある。
ここは「佐々木直継」と「妻、高子」の夫婦で経営する農園である。
農園の隅には、きれいに花を咲かせる花畑がある。
野菜農園の仕事の傍ら、高子は花畑をつくり花の出荷をしていた。
神は、この夫婦に、残酷な試練を与え始めていた。
自然と共に暮らす二人の生活は平凡だが、二人の子を授かり、幸せな生活をしていた。
そんな時、神は考えもつかない残酷な運命を、この家族へ与えたのだ。
直継と高子の間に一卵双生児の子「姉の真理」と「妹の美咲」が生まれた。
産まれた双子達は、そっくりな容姿であった、しかし1つだけ違いがあった。
この時は、まだその違いを知る事はなかった。  


Posted by jadelung at 20:24Comments(0)

2016年07月12日

可愛く見えるようにな


差し出されたメモを受け取って、自分の予定と照らし合わせる。

「明日と来週の木曜なら出来そうだな。けどPretty renew 雅蘭、明日じゃ急すぎっか。木曜だけにするか?」

「ううん、明日も平気だよ?西門さんが大丈夫なら。」

「そっか?じゃあ、明日迎えに来るよ。」

思った通りの言葉が返って来た事に満足しPretty renew旺角ながら、俺も言葉を返していた。

「で?最近はどうなんだ?落ち着いたか?」

「えっ、あっ。相変わらず…かな?けど、大丈夫だよ。」

「そうか?ならいいけど。
あっ、牧野、わりぃ。タイムリミット。まだ仕事が残ってんだ。行くな。あんま無理すんなよ。」

手を伸ばし頭をクシャっと一撫ですると、牧野は恥ずかしそうに俺を見上げ笑顔を向ける。

くーっ。
いつからこんなに可愛く見えるようになっちまったんだ?

「うん、ありがと。お仕事頑張ってね。」

「ああ、じゃあな。」

牧野の少しガッカリした顔に後ろ髪を引かれつつラウンジを後にした。

あきらと類には会えなかったものの、Pretty renew旺角
牧野の様子を見れた事に安心した。
何よりあいつの寝言に俄然やる気が湧いてくる。
車に戻り、あきらと類にメールを送信した。


今日の会食には信用できる人物はいねぇから頼み事は出来ねぇ。かと言って、手を抜く事なく周りの奴等をじっくり観察しながら会食を済ませた。

今からでも俺が真面目に次期家元を務めていけば、俺につく人間だっているはずだ。

俺が真面目にやっている事、そこには牧野の存在が関わっている事を見てもらうチャンスの場でもある。
昔の素行の悪さは当然知れ渡ってっからそう簡単にいかねぇ事も分かってる。けど今は地道にやってくしかねぇ。

大きなため息をつきながら携帯に手を伸ばす。
数件入っているメールの中から、確認すべきメールを探しだし返信した。

ここも難関っちゃ難関だよな。

そんなことを考えながら車に戻り、目的の場所へと走らせた。  


Posted by jadelung at 12:18Comments(0)

2016年07月05日

三月にはゲタさ

アマゾンで「家族」が販売されるようになりました。春先に友人が亡くなったことはブログに書きましたが、
あれから三ヶ月が過ぎ私も少し気持ちが変わってきたように思います。この小説は今の私の視点で書いてみました。亡くなった友人は私に「みどりちゃん、何でも書いたらあかんわ邊個補數學好」と言っていましたが、私は書くことで初めて前に進めるような気がします。

 
最近は目の調子がよくなくて、一日のうち、ちゃんと見える時間が減っており見えるうちに書いておかなければと焦燥感に突き動かされています。私から書くことを取れば何も残らないような気がします。目が見えない時、或いは目の前が暗くなっている時、私は頭の中の原稿用紙に書いています。でも容量が超えてしまうと忘れてしまう気がして、見えるようになると一気に書く、といった状態です。この作品もその作品の中の一つ補習導師です。
どうぞよろしくお願いします。 


たしか三月にはゲタさんが、その前には一番若かったパクさんが。訃報を聞くたびに、私たちの青春が消えて行くような寂しさと悲しさで私は涙ぐみました。私たち世代にとってダークダックスはまさに青春そのものでした。ロシア民謡を初め、すべて素晴らしい歌声は、何に例えようもなくじんと胸の底の底まで浸みこんで聴く人の心を美しく優しく豊かな気持ちにしてくれました。

今は一人になったゾウさんの低音は、その穏やかな笑顔と相まって懐かしい安らぎの場所へ私たちを連れていってくれました。私も昔はみんなでよくロシア民謡を歌いました。若かりし日の夫も二人で歩いている夜など高く澄んだきれいな声でダークダックスの歌を聞かせてくれました。夫が田端義夫の大ファンで、演歌大好き人間だったことを私は結婚するまで

知りませんでした。彼の演歌もなかなか上手いものでしたが、私はダークダックスを歌う彼の方が今でも好きです。みんな逝ってしまって「昭和は遠くなりにけり」を実感しているこの頃ですが足早に歩きながら私は少し自分が嫌になっていた。こんなつまらないことを気にする私ではなかったのに。私彼のこと本当に好きになってしまったのかなあ。彼は書店の入り口で待っていた。糊のきいた白いワイシャツがまぶしかった。ごめんなさい、お待たせ中一數學練習して。」
        


Posted by jadelung at 10:33Comments(0)

2016年06月27日

七月時光



七月時光,鳥鳴啁揪,竹林清幽。

踏入竹林,這片片青翠的綠,這裊裊微微的涼,仿若股股濕漉漉 學童矯視的風,迎面撲來。躁動的情懷是否此時也會隨著這竹林,“溶之壹體”,沁於其中,清涼,舒爽,不已。吸壹撮,吐壹縷,驛動的情思是否也會隨著這竹的清涼暗許,意猶未盡,叠叠生香,抹抹含情。

清晨,薄霧在翠綠的竹葉上聚凝承露呈雨,晶瑩清亮,如翠似玉,嬌潤圓柔,垂露欲滴。攪著微風,和著細雨,呢喃私語,“雨洗娟娟凈,風吹細細香。”“壹節復壹節,千枝攢萬葉。”“墨汁淋漓尚未幹,誰揮醉筆作瑯殲? ”,“畫竹不如真竹真,枝葉易似難得神”。 梢兒輕晃,露兒微擺。滴滴清露,淡淡竹香,輕舞慢搖,逐風戲浪。恍若荷香暗溢,意猶未盡,回味無窮;又如貴妃醉酒,嬌態畢露,嫵媚盈盈。

葉小如片片綠色翡翠,晶瑩剔透,淡雅清新,清麗脫俗。少傾,陽光普照,斑駁陸離,時隱時現,似真若幻,煞時嬌妙。輕風徐徐,竹影淡淡,清涼腳下生,心脾自然涼。清如縈壹潭碧水,濯洗心靈;暖若聆壹串心語,慰藉匆匆。愜意流淌,恬靜悠悠,風掠,葉輕佻,浮華喧囂,頓失滔滔,不去想,不願想,不想想,卻任醉其中。七月時光,竹林壹片清幽。

折壹支青竹,拈壹指清韻,管簫撩淡夏日燥熱,清幽撥去心情郁悶。清麗纏綿,幽靜細膩,溫婉清越,輕盈悅舞,幽若空谷。和壹管簫音,掬壹捧翡綠,沏壹盞香茗,濯壹份燥動。清露,翠竹,雨霧, 簫鳴,鳥訴,……思緒翩飛,心靈片駐,輕盈躍動,隨風悅舞。綠鬢如雲,韶華深處,靜心聽鳥鳴,傾心看竹落。竹搖清影,素淡玲瓏,竹影曳動,綠影闌珊,款款盈盈。蒼翠深深,暗香流溢,高風亮節,隨遇而安,緩緩而歌。

“虛心竹有低頭葉,傲骨梅無仰面花。” “彩筆淩雲畫溢思,數學老師虛心勁節是吾師。人生貴有胸中竹,經得艱難考驗時。”

淡淡的愛,不驚艷,卻入心;淡淡的情,不香濃,卻最真。惜緣才能續緣。心中無缺叫福,被人需要叫貴。身居低處,自然引川入海;誌在高遠,方能舉重若輕。智者無為,愚人自縛。當斷不斷,反被其亂。達摩安心,無心怎安?

“山不轉,水轉;境不轉,心轉”,漸漸地明白,“事事無法全部看透,人人沒法個個看懂”。慢慢地懂得,“窮則變,變則通,通則順,順則達”。 “生命無限潛能,人生無限可能”。“看不透,看不懂”才是人生曼妙,“看不明,讀不懂”才是生活情懷。  


Posted by jadelung at 10:40Comments(0)

2016年06月21日

留出喘息的機會

女兒在壹邊朗讀課文,聲音很大,語速過急,時不時地喘不過氣來。我偷笑。因為光聽,我都感到很累。而後告訴她:“慢慢來,朗讀需要抑揚頓挫。懂得恰當的停頓,以此dermes激光脫毛來換氣。不但不累,還很舒暢。”

她小,不懂得給自己留出喘息的機會,自然讀不出作者的情感。忽而聯想到我小時候聽戲,特別是秦腔《王寶釧》後面壹段,薛平貴十八年歸來後,與王寶釧相見,王寶釧的壹段唱腔:“老了,老了,實老了,十八年老了王寶釧……”唱速很急,幾乎於是念出來的。跟著哼唱,我總是被氣憋得臉通紅。

爸爸笑我:“妳不換氣,總憋著,怎麽能把戲唱好?那不累才怪! 演員就是留了氣口,才氣息不亂的。”原來,氣眼被堵住了,自然行不通了。所以,要保證色弱暢通,需要留空隙。

留白,是壹種需要,至關重要。閑暇時光喜歡沈醉在文字裏,壹撇壹捺地書寫著自己的點點感悟,或喜悅或惆悵。文字裏既想坦露心事,又在遮掩心事,坑坑窪窪布局著。待到後來,總會留下壹段說未說出的話交給讀者,省略號裏妳隨意猜測。這是句段的留白,給人遐想空間。有些文章寫得太“完整”,從開始到結尾,作者把讀者心裏的猜測全盤托出,看似共鳴,實則失去了浮想的空間。看完即完了。

讀汪曾祺的小說《陳小手》,主人公是陳小手,小說中還寫到dermes 脫毛其他人物有團長、團長姨太太、李花臉的女兒,請註意這個“李花臉的女兒”,從身份和意義上說,她在小說裏是壹個和陳小手相對峙的另壹個人物,應該有些情節吧!可作家惜墨如金,不到30個字就把她打發了,並且以後不再出現。但壹句“是個老姑娘”,包含多少社會內涵和人生感慨呀!這樣處理簡單真實,讓人浮想聯翩。總之,留白恰到好處。

文學作品裏的留白莫過於“人面不知何處去,桃花依舊笑春風”,讓人惆悵了千年。因為留白,動人、深刻。  


Posted by jadelung at 18:27Comments(0)

2011年04月04日

無處躲藏的憂傷

當我最想說些什麼的時候,往往也是我最沉默的時候。總想說點兒什麼,好讓自己心中的那股憋屈釋放出來,可是當手放在鍵盤上的時候,卻又敲不出一句連貫的話來!

有人說,歲月就像一條河,左岸是無法忘卻的回憶,右岸是值得把握的青春年華,中間飛快流淌的,是年輕隱隱的傷感。世間有許多美好的東西,但真正屬於自己 的並不多。看庭前花開花落,榮辱不驚,望天上雲卷雲舒,去留無意。在這個紛繞的世俗世界裡,能夠學會用一顆平常的心去對待周圍的一切,也是一種境界。可是 無論我怎樣努力,就是無法達到那種境界!

轉眼之間,已經二十一歲了,還清楚的記得五歲生日時爸爸帶我去學校的事情,也就是從那天 開始我開始了自己真正意義上的學習生涯。一晃十多年過去了,我也從當初的懵懂無知走向成熟。一路走來,有辛酸也有喜悅,有成功也有失敗,我一直以為我會活 得很好,可是現在才發現自己有多麼失敗。當別人已經能夠自己養活自己的時候,我還在靠著父母的血汗錢生活,終日為自己的前途蹉跎。人生最遺憾的,莫過於輕 易地放棄了不該放棄的,固執地堅持了不該堅持的。曾幾何時,學習就是我最好的堅持,可是我卻放棄了。當有一天我回過頭來想要重新開始時,卻發現自己已經在 歧途上走出很遠了。

今天見到了久違的L,時間一晃而過,我們已經六年沒見了。和她吃飯,想起那時的純真,心忽然就變得落寞起來。也許,L真的才是我不該輕易放棄的吧,可是世上沒有如果,我們無法重新來過。你若安好,便是晴天!

風空空洞洞的吹過,一年又這麼過去,而來年,還是會這麼過去。我不知道是安穩的背後隱藏著沮喪,還是沮喪裡終歸有安穩。其實,心裡還是有一股沖勁的,我 想現在的我還不至於太壞吧,我只是習慣了將自己放置在自己編織的世界裡,習慣了一個人生活,習慣了將一切都假裝無所謂,只是只有我知道,有些事情越是裝作 無所謂就越是關心它。是什麼,虛偽還是深沉?

那些花兒,盛開了,散落了。從來就不相信所謂的永遠或者永恆,但還是希望所有曾經或 以後出現在我生命中的人,一切都好。在某個喝醉酒的深夜,忽然發現現在的自己,沒有了以前那麼的悲觀,或許,所謂的悲觀,只是自己給自己的一個繼續墮落的 借口吧。也許現在唯一能做的,就是記住該記住的,忘記該忘記的,改變能改變的,接受不能接受的吧!

J曾經說過,生活還不算太糟,至少我們還健健康康地活著不是嗎?

呵呵,活著,好好活著!  


Posted by jadelung at 17:09Comments(0)

2011年03月30日

以雁蕩之名

是個女人節活動集體的行程。行程前一天,下著雨,颯颯的雨全然沒有要停的跡象,個別人便打起了退堂鼓,嘰嘰喳喳地想延期。還有個人一忽兒說去,一忽兒說不去,唧唧歪歪了好幾天,臨到要走前還沒給個確信,理由變換了一大堆,我知道,真正的理由是虛偽陰微的難言之隱。 山以誰人傳名?在我,不知有溫州而先知有雁蕩,自然是拜賜文人騷客之筆。雁蕩在琅琅於口的中學課文裡,雁蕩在他驕傲的話語裡,雁蕩就這樣一步一步走進了我心裡。

來到溫州,我不敢說是慕雁蕩山之名,即便對山,我亦不想讓它有太多太沉的背負。

但確然,是因為這些朦朦朧朧遠方的山水,年少驛動的心,總向往陌生而神奇的土地,總渴望漂泊流浪的征程。

這是我要選擇的人生。

就像在這個三月,我再一次地想登臨雁蕩,看看在春天,雁蕩會以怎樣的面容來接待我這個對山情有獨鍾的女子。

愛要愛得起,玩也要玩得起!山是仁者,見山別發怵嘛,完全可以憑能力選擇限量級的版本。在這點上,我突然格外地佩服起殘疾運動員來,他們因為勇敢的展示而真正擁有了豁亮的心靈。

終 究還是少數服從多數,好在有最基本的民主精神。而且,跟旅行社合同已簽,怎能輕易改變?別人不是上帝,不能保證天氣;天有晴雨各半,毀約豈不頻頻?賠償有 價信義無價也。我受到太多雨中山美妙詩文的蠱惑,對於雨中登山,欣然接受,並心生期待,“山色空濛雨亦奇”!況且,懂得欣賞雁蕩山之人,定會選擇雨後登 山,還唯恐雨量不足,若不然,怎能觀賞到大小龍湫的風姿呢?龍是要興風作浪才會吞雲吐霧的呀。

我再一再二再三的理由都是緣於對雁蕩山的熱愛。雖然這樣的爭執會有些吃力,會引起小小的不快,會給心靈帶來些許的陰翳,但不正是這許多俗世的塵埃才讓人對純淨山水有無限的向往和如許的依戀嗎?

我更喜歡被雨洗過的山,雨珠掛在綠葉上,蒼翠欲滴,山更空,水更淨,處處流泉山瀑,溪水淙淙,身處其中,仿佛心也被洗過,洗得清淨明澈,讓人神清氣爽。

雁 蕩山,我反復吟念著這個名字,這是太過溫雅的山名,讓我久久回味。火山爆發而成的流紋巖堆積成高高的雄奇的山巒,因雁蕩之名,柔化了山之堅硬和冷峻,讓人 不由自主地想親臨,山之溫婉,仿佛可以輕攬入懷般地去愛;雁蕩山之名,更是一副意態豐盈的畫,我仿佛看到了大雁在山頂飛舞,在雁湖的蘆葦蕩裡翩然起落,那 濃濃的詩情畫意讓人遐想萬端;雁蕩山之名,讓整座山陡然生動起來,那大雁帶來的絲絲離愁和悵惘,更讓我心生感慨,流連不已。

前面是浩瀚無垠的大海,大雁們,卸下疲憊的翅膀,棲息在這溫暖的天堂。

棲息是為了明天的飛翔,而飛翔是為了給心靈找到棲息的地方。

去一千次雁蕩便會有一千個不同的面容呈現,便會有一千次不同的感悟。我不願把登山僅僅當成“到此一游”,我更喜歡將它當成尋常的逛街竄巷,一樣的興致盎然,不一樣的生命體驗。

清風明月不用一錢買,游山玩水卻是太過豪奢的生活。東南自古多形勝,雁蕩,這座東南第一名山,更以十分獨特的魅力吸引著我。

Samsung toner | 婚紗晚裝

  


Posted by jadelung at 18:11Comments(0)

2011年02月28日

二月的告別

【塵世】
日子就這樣無聲無息的過去了,沒有了白晝,世界還原了最初的顏色,不知道什麼時候開始喜歡上了這樣的黑色,曾經,在那還是懵懂的年代,我擁有著這樣一顆心,它很亮,很耀眼,很惹人愛,說出來自己都會偷偷的笑,原來,在成長的道路上,遇到了風吹和雨打,漸漸的,被滿城煙沙蒙蔽了,被謬誤真理的橫加玷污與指責,失去了亮點,失去了本該有的光澤,原來,夜晚的星空也披上了一層薄莎,似呼在和我交相呼應,原來,時間的改變,我們也都變了,滄海化桑田。
  
【理想】
本以為,有了一個很好的理想就會一直走下去,可漸漸的卻發現,人生原來有那麼多的選擇,不是自願的就是被逼的,漸漸的也發現了,失去了理想之後,日子就這麼過了,缺少了很多精彩的生活,變的平淡也無奇。總是把自己放在不同的位置上,忽高忽低,忽遠忽近,忽然間覺得都沒有了道理,聽著世間不大不小的聲響,原來,自己也不願在回頭了,直到把什麼都放下的那一刻,心漸漸的回來了,漸漸的有了那麼一份值得等待且去嘗試的激情,理想就像被放大鏡放大了無數倍,越來越清晰,直到認定了一切,不管多少坎坷,這條路也該繼續走下去,突然間有了無限感慨,“今天的選擇就是三年前的選擇”!
  
【自己】
在這漫漫的人生旅途中,望著還不怎麼樣的自己,常常用自戀給自己增加有限的信心,時刻告訴著自己,一切的一切都是小意思,能堅持到現在,必然能堅持到以後,我依然能夠從容的創造財富,且容忍了人所不忍的無奈於寂寞,我依然恬淡地享受生活,留下的是寧靜的空白,是一無所有,是平安喜樂,是從頭在來,我雖然平庸但我跋涉著,心,金一般的足赤,火一樣的炙熱,人生道路上進去的依舊是我。
  
【未來】
我們似呼都不能一下就將現狀改變,畢竟我們都不是神,哪怕是做夢,那也是精彩一瞬間,結果都是失落遠大於快樂,當時間一點點的推進,命運總是開著無謂的小玩笑,使得我們活著的身心有些許的疲憊,我們依然記得在春暖花開的早晨,我們一起對生命的讚許;會在朦朧般的夕陽下攜手並肩走過山間的小丘,領略萬物的造化;這些美好在此刻通通襲來,讓我們有了生存的勇氣,有了面對困難的籌碼。也許此時,我們身邊都有了牽掛,可是那最初的感覺深深紮根於心,每每想來,總是溫暖依舊!
  
【現在】
感悟原來一直都屬於我們自己,只有自己努力了,沒有什麼做不到,有這麼一句話,萬象由心照,我是一切根源,二月末,告別的是你,展望未來且仍在努力的是我。

laptop bags|backpacks|briefcase|wheeled backpacks


  


Posted by jadelung at 18:34Comments(0)

2010年08月30日

高風亮節的竹

那一天我看見你,如沐三月的春風,清新澈骨。

你像一隻充滿生機的蝴蝶,閃著發光的蝶翅,熠熠精緻得讓陽光慚愧得躲進云層。

我自作多情的給你取了個英文名字叫colour bamboo。

夏日的風裡,我看見了你的高風亮節,看見了你的秀麗和蔥蘢,看見了你點綴南國的柔情和風中的飄逸……

歲月在匆忙中審閱四季,你卻在四季中長青,從亙古到今天,你始終是文人雅士自喻清高的象徵。

今天,我看見了你的另外一面,你風情萬種的柔情,讓我醉在南國的山水里。

我曾朝朝暮暮的盼望,盼望在人生的有一天,能巧遇一種完美的象徵,完美的情。

終於,我猛然醒悟,那就是你,竹,美麗的竹,高雅與氣節的完美經典結合。

我狂喜我的發現,我感慨生命的成全,讓你在不經意間出現在我的面前,給我新的思想,煥發我的思維,清新我的大腦。

我看見你在風中,唱著歡歌,抖落漫天的竹絮,更新生命的歷程,帶給四季一個又一個美麗的綠色。

於是,我乘竹花飄舞,在波光中輕閃,漂泊起迷離的色彩,在聖潔的光中,搜索你歌唱的痕跡。

我靜靜的躺在你的綠色中,感受生命的聲音,享受和風裡的香氣,任一滴流經你身體的水珠滴在我的唇瓣上,濕潤我乾渴的靈魂,舒展我麻木的神經。

朦朧中看見,高山流水間,一曲笑傲江湖響起,你,伴優美的樂曲,搖曳著,翩翩起舞,流動成一幅絕美的山水風情畫。

白雲唱著歌悠悠飛過竹海,竹海中有一座竹館,那裡陳列著你的美麗,你的柔情,你的精魂。

你用竹館收藏白雲的歌聲,收藏你對陽光的愛戀,收藏高原上清脆的笛音,收藏你飛瀑的秀發和嬝娜的英姿……

竹,你驚碎季節的燦爛,你豐滿殘缺的情感,你導演柔情的世界,你飄逸都市的浪漫,你穿越時空的經緯,你憧憬撩人的風情,你歌唱春天的童話,你搖曳星空中的月光……
  
笛音繚繞,你在飄飛……

cheap ugg boots


  


Posted by jadelung at 15:44Comments(0)

2009年11月24日

Innocence and human nature

First of all, I want to tell us about the innocence and human nature has led me to thinking about the source - "Lost Book."

"Lost Book" is a fairy-tale book, exactly to say that the book is a fairy tale for adults, in this aesthetic is not no fairy tale dream, we have seen is a dark, cruel, gorgeous, soul-stirring world, It led us to think together about the love and jealousy, fear and courage of the delicate relationship, and how dignified the face of our life.

When we were children when the world is a place filled with love. Here we are happy happy life, there is no conspiracy, no jealousy, and even can be said that ignorance, innocence, as childhood is the consciousness of the existence of such a peaceful world, we do not have running for a living, do not have money to spare for the responsibility. Once into adulthood, those who had a far cry from what would be a little bit of penetration into the life, can be described as all-pervasive. How can this time again we have to maintain a childlike innocence that it? The reality is the case, society will force us to give in and after struggling to discover that this is the real growth path. For today's philistine we can do nothing only smile.

"Man's nature is good", so the ancients tell us. Indeed, human nature in our lives often have just as beautiful and pure, and this is what we call childlike innocence. However, with age, experience an increase, it would be this good of humanity in the community in a big vat slowly contracted color. Some are warm and red, some are pure white, some of it is dark black. As everything has two sides, as not all this change is due to the nurture of the outside world caused by, as well as forming the bodies of our emotions - of mankind.

Human beings in their growth process will be gradually integrated into the collective and society, and society will be in this family with its excellent tolerance to each individual to the transformation of what it thinks is right. Rendering in different environments, do not like such an individual would emerge, in our understanding of the simplest good guys, bad guys is one such shape. As the book that people are generally distorted, his worship is a war, dark, filled with suspicion and selfishness of the world, he used adult owned by the envy and the desire for love, inducing us to make certain things would regret . This is the flaw of human nature, human weaknesses.

To maintain an innocence of the heart, growing up I hope we can have the most beautiful of their own fairy tale.商務中心 | accounting and audit | virtual office | Web Design | Interactive Design
  


Posted by jadelung at 16:44Comments(0)

2008年09月24日

Believe the future

Have closed down my stove platform on the cobweb mercilessly
Poor grief that sighing in my cigarette of the ashes
I still pave the disappointed ashes stubbornly
Write down with the snow flake beautiful: Believe the future


As my purple grape turns the dew in late autumn
As my flower nestles in others' feelings
I still use and congeal the withered rattan of the frost stubbornly
Write down on the dreary earth: Believe the future


I want that with the finger to pour into arranging waves of the remotest places
I want that with the palm to hold the sea of the sun
That warm and beautiful pen arm of the dawn of flickering
Write down with the child's script: Believe the future


I believe the future firmly
It is I that believe people's eyes in future
She has eyelashes which pushes the historical travel fatigue aside
She sees through the years pupil of the chapter


No matter people's skin and flesh rotten to us
Those lost disconsolate, failed pains
Place hot tears, deep sympathy moved
Give scornful smiling, pungent satire


I firmly believe people's backbone to us
That exploration, lost and failing and succeeding many times
It is offered that sure enthusiasm, objective, just evaluation
Yes, I wait for their evaluation anxiously


Friend, believe the future firmly
Believe unyielding efforts
It is believed that death of overcoming is young
Believe in the future, love the life


標簽: 中港物流婚禮統籌旅遊景點 | 過濾器 | 家務助理 | 婚紗相

|mandarin|Fashion Jewelry|Nasopharyngeal Cancer  


Posted by jadelung at 17:27Comments(0)

2008年06月17日

学会は自分を 殿します

Related Articles:Interesting cosmetic Lonely road

After Mike's unemployment, the mood is too bad. In order to mediate the gloom in the heart, he found the pastor in the town.
The pastor tells after listening to Mike, bring him into an antiquated cabin, a glass of water is put in the room on an only desk. The pastor says with a smile: "You see this cup, it has already been put here for a long time, has nearly had dusts that fall inside every day, but it is still clarified transparent. Why do you know? "
Mike considers conscientiously, as if see through this cup. He suddenly said: "I see, all dusts sink
Have settled to the bottom of the cup. "
The pastor agrees to the place and nods: "Young people, life disturbing thing numerous, some you think, forget difficult to forget about, then finish remembering it. Just like this glass of water, if you shake oneself detesting, will make whole glass of water can't be peaceful, a muddy one, what a stupid behavior this is! And if you would like to let them precipitate slowly, silently, go to hold them with broad mind, in this way, soul has not been polluted, more pure instead. "

Related tags: Wedding Photo 新娘化妝 豐胸 試妝 Ballet 美容
  


Posted by jadelung at 13:08Comments(0)